正しいギフトマナー

何気ない日常にギフトを送ろう

誕生日、結婚祝いに新築祝い、出産や入学など、挙げればきりがないほど私たちの生活の周りにはお祝い事が溢れています。
これらのお祝いに何かプレゼントを贈るとなると何を選ぶでしょうか。
贈る相手の年齢や性別、好みなど受け取った相手が喜ぶ姿やそれを使っている姿を想像してプレゼントを選ぶのは楽しいものですよね。
しかし、そんな楽しいプレゼント選びはそんなに頻繁にあるものではありません。
せっかく選ぶ側ももらう側も気分が良くなるものなので、もっと日常に取り入れたいものです。
記念日でも何でもない日にサプライズでプレゼントをもらう、またはあげるというものたまにはいいかもしれませんが、それをしょっちゅうしてしまうとサプライズ演出の意味が薄れてしまいますし、経済的にも毎回毎回プレゼントを用意するというのは現実的ではありません。
そこで、日常生活の何気ない出来事やものをプレゼントにしてしまうというのはいかがでしょう。
ものは考えようです。
例えば買い物をして夕食を作るという日常生活を感謝のギフトと設定すれば、それは立派なギフトになりうるのではないでしょうか。
特別なプレゼントももちろん素敵ですが、気持ちのこもったギフトが何より喜ばれるものです。

知っておきたい基本の正しいギフトマナー

ギフトを贈る際には、相手に喜んでもらいたいという気持ちで品物を選ぶことがまず何より重要なことですが、最低限のマナーを守ることも大切なことといえるでしょう。
結婚のお祝いなのか、出産のお祝いなのか、お祝いや香典などのお返しなのか、お中元やお歳暮のような日頃の感謝の想いを形にした物なのか、その目的によって、マナーはさまざまですが、ポイントは、送るタイミングと、送り方です。
たとえば、結婚式の内祝いなら式後一ヶ月以内、出産の内祝いなら生後一ヶ月頃、お中元は関東と関西で異なりますので、地域にあわせた対応をすることが必要です。
そして、リボンや素敵な包装紙などによるラッピングがなされたギフトを送ることも悪くはありませんが、正式なギフトの場合には、のしを付けて送りましょう。
のしには用途に合わせた種類があり、お中元やお歳暮など繰り返されてもよいものに対しては紅白蝶結びの水引を使用し、病気などが回復した際の快気祝いなど、繰り返し贈りたくないものに対しては、結び切りの水引を使用します。
仏事なども繰り返し贈りたくないものであるため、色はお祝い事の赤白とは異なり、黒白となりますが、やはり、結び切りの水引が使用されます。
のしの表書きには、何のお祝いかなどの目的を上部に、下部には送り主の名前を記載します。
物選びだけでなく、基本的なマナーを守って、最後の送り方まで気遣いを持って対応できるとよいでしょう。

注目サイト

屋形船を貸切にして、風景を楽しめます。

屋形船 貸切

自分の理想のオーダーTシャツを作ることが出来ます。

オーダーTシャツを注文

目標に合わせて学ぶ内容を選択できます。

芸能 専門学校

リフォームのことでお悩みでしたらご相談ください。

リフォームを大田区で相談

Last update:2017/10/16